WEFUNK OFFICIAL

WEFUNK OFFICIAL

WE COLLECTION -HALLOWEEN- 2016.10.2 Sun @CLUB CITTA'

WE COLLECTION -HALLOWEEN- 2016.10.2 Sun @CLUB CITTA’

ーCLUB CITTA’でWEFUNKとTRICK or TREAT!!ー

”生演奏で踊る楽しさを知っていますか?”をテーマにライブエンターテインメントを届ける「WEFUNK」とハロウィンイベント「KAWASAKI Halloween 2016」がコラボしたスペシャルイベント「WE COLLECTION-HALLOWEEN-」が10月2日(日)に川崎CLUB CITTA’にて開催された。

「WEFUNK OSAKA vol.1」や「WEKIDS vol.3」など今年度に入って4回のライブイベントを開催してきたWEFUNK。今回はフロアの外にハロウィンメイクを施してくれる特殊メイクブースやプロのスタイリストによるヘアメイクブースなどを設けたり会場に”RED”のドレスコードを設定するなど、生バンドとダンスによるライブエンターテインメントイベントに”ハロウィン”というスパイスが加わりこれまでとは一味違う空気が会場を包んでいた。

ーフロアにジェイソン!?熱狂のハロウィンナイト!!ー

WEFUNK最大の醍醐味であるライブ。8月から始動したWEFUNKを支える「BACKSIDE SMITH」のボーカル、バンドメンバーは”RED”の様相でステージに登場。またアニメ、海賊などそれぞれのチームで決まったコンセプトのもとステージを創り上げるダンサー。そして今回はかの有名なジェイソンまでチェンソーを振り回してフロアやステージで大暴れ。怒涛のようにWEFUNKから放たれるお祭りの雰囲気をMC ニシガキとスペシャルリポーターMasaharuがフロアとの架け橋となり、会場は序盤から笑顔が溢れ歓声が止まない。まさに熱狂のハロウィンナイトのスタートであった。

オールドスタイルの衣装を身に纏いファンキーなサウンドに合わせたステージを披露したboogie backナンバー。BACKSIDE SMITHのボーカル、藤正裕太のダンサーと息の合ったステージングとサックスを吹くバンドマスター桂尚文のセクシーなサックスソロにも注目。

最近テレビドラマでも話題の作品の衣装に身を包みエンタメ感溢れるステージを披露した低速(ヨ)。このナンバーは本イベントとSNSでの連動企画「WEHUSH」においてダントツの優勝を果たしたチーム力のあるチームであった。BACKSIDE SMITHのボーカル、RIKIMARUと青野紗穂の衣装からは想像できない素敵な歌声がより一層会場を沸かせた。

全身白タイツのダンサーとアニメ主要キャラクターの衣装で圧倒的インパクトを与えたニンバス2000ナ。何度も同じチームで動いているだけあり、イベントコンセプトであるハロウィンらしい完成されたエンターテインメント性が光った。

テーマはゾンビ。WEFUNKらしい選曲と最後の統一感のあるパフォーマンスが印象に残ったDFFYナンバー。BACKSIDE SMITHのボーカル、RIKIMARUの圧巻の歌声が会場に響き渡っていた。

ファンタジーの世界へ誘うほどストーリー性の強い作品を披露したコレオグラファーYukariによるナンバー、Rhasody of Rebirth。作り上げられた表情、世界観。そこへ見事に溶け込むBACKSIDE SMITHのボーカル、向原愛海の見事なパフォーマンスに会場は酔いしれた。

 

正統派のショーとして圧倒的なパフォーマンスを披露したMirach crew。若手筆頭のボーカル、藤正裕太と青野紗穂の息の合った抜群のステージング。そしてこれでもかと言わんばかりの一体感のあるサウンドを放ったBACKSIDE SMITHバンドメンバーに賛辞を送りたい。

人を楽しませ、笑顔を生みだす。ダンスショーの枠組みを超え彼らの存在自体が一つの新しいジャンルと言っても過言ではないTeam Black Starz。これ以上の説明は不要であろう。

ボーカルYuuと心にスッと入り込む歌声からショーが始まったAfrotones!。音楽が大好きな人が一度は観たことがあるであろう名作映画の世界観をハッピーなダンスとBACKSIDE SMITH全員でフロアへと届けた。まさにイベントのラストに相応しい素敵なショーであった。

ーエンターテインメントとしてさらなる進化を続けるWEFUNKー

ハロウィンという季節感に溢れるコンセプトのもと大成功を収めた「WE COLLECTION -HALLOWEEN-」。正統派のショー、コメディ要素満載のショーなどライブエンターテインメントとしてより洗練された中身となってきた。さらにフロア外でのコンテンツを充実させたことによって1日限定のフェスに来たかのような雰囲気を楽しむことができ、WEFUNKという存在にさらなる可能性を感じずにはいられないイベントであった。

ー遂に本格的にバンドとして始動するBACKSIDE SMITHを要チェックー
IMG_8897

イベント終盤でWEFUNKを支えるバンド、BACKSIDE SMITHのオリジナル楽曲が11月6日(日)に行われるWEEKEND HERO -J-POP Special- にて初披露されることがアナウンスされた。本格的に始動する彼らからも目が離せない。

 

 

 

WE KIDS vol.3の情報がDEWSに掲載されました!

WE KIDS vol.3の情報がDEWSに掲載されました!

ゲストにWODで優勝を果たしたRuu率いるFabulous Sistersが出演! 他ゲスト、出演ナンバーも豪華なラインナップとなっております! もちろん全編生演奏!
要チェック!!!

記事はこちらから↓↓↓
http://dews365.com/event/98153.html

WEFUNK遂にDANCE@LIVEに登場!

WEFUNK遂にDANCE@LIVEに登場!

DEWSにWEFUNKの記事が掲載されました!

9/13(火)DANCE@LIVE 2017 4STYLES KANTO CHARISMAXにWEFUNK登場です!!!

記事はこちらから↓↓↓
http://dews365.com/special/dancelive-2017-japan-final.html

WEFUNK OSAKAとして再上陸!Zepp Nambaで開催決定!!!

WEFUNK OSAKAとして再上陸!Zepp Nambaで開催決定!!!

『WEFUNK OSAKA vol.1』
2016年8月19日(金)OPEN 17:15 START 18:00
会場:Zepp Namba
(大阪府大阪市浪速区敷津東 2-1-39 地下鉄御堂筋線/四つ橋線「大国町」1番出口より徒歩7分)
チケット:Adv ¥4,000(+1drink) Door ¥4,500(+1drink)

出演者情報などの詳細はEVENT INFOへ。

Cover Art Designer "hemii"

Cover Art Designer “hemii”

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

新PROJECT「JUNCTION」とは??

新PROJECT「JUNCTION」とは??

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

Cover Art Designer "hemii"

Cover Art Designer “hemii”

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

新PROJECT「JUNCTION」とは??

新PROJECT「JUNCTION」とは??

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

Cover Art Designer "hemii"

Cover Art Designer “hemii”

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

新PROJECT「JUNCTION」とは??

新PROJECT「JUNCTION」とは??

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

Cover Art Designer "hemii"

Cover Art Designer “hemii”

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

新PROJECT「JUNCTION」とは??

新PROJECT「JUNCTION」とは??

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

久方ぶりです。
シロカタです。

WEFUNKに新プロジェクトが立ち上がりました。

立ち上がったというか、
2018年初頭にスタートしていたとある一連の出来事がこの度形になるので、
そのためにプロジェクト名をつけた形です。

2018年より、Alaventaに「ダレノモノ」を提供したことをきっかけに、
WEFUNKではイベントごとにコンスタントに楽曲を制作して参りました。

今後もその企画は継続していくので、そのプロジェクトの名称を「JUNCTION」と銘打った次第でございます。

JUNCTIONという名称は、WEFUNK不動のエースの藤正 裕太が名付けてくれました。
その由来は、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の交差点のような場所。
そして、
生まれも育ちも生き方も音楽性もそれぞれなWEFUNK BANDのメンバーが交わり合う「交差点」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はい、とても素敵な名前です♫♫♫
なにせ彼、殆どの楽曲の作詞を手掛けております!!

今、殆どの楽曲と言いましたが、
“JUNCTION”のイベントで披露済の楽曲レパートリーは以下の通りです。

==================

「ジブンカラー」
Revetyとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/eJZXhTF746M?t=1m50s
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「ダレノモノ」
Alaventaとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/ptW_AeOvTq8
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Oh! Labyrinth!」
現行のエンディングテーマ
映像:https://youtu.be/2YWhfMEVmZc
作曲:浅見 卓矢
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野郁弥

「Can’t Stop Thinking About You」
Luciferとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/-3_KtcqL9Ek
作曲:ASAYAMI
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

「Be a Girl, Be a Boy」
I-muthとのコラボ曲
映像:https://youtu.be/3H2PfS2FImk?t=160
作曲:長良 祐一
SINGER:平野 郁弥、滝本雪乃

「Flying Yukko(title仮)」
素敵企画モノ
映像:https://youtu.be/Q2U3BSnJ-wE
作曲:ハナブサユウキ
作詞:城田 寛治
SINGER:滝本 雪乃

「FUNK IT UP」
現行オープニングテーマ
映像:https://youtu.be/einuy5nn99k
作曲:ハナブサユウキ
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太、平野 郁弥、滝本 雪乃、モリヒナ

「青の情熱」
amazeとのコラボ曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:石川 久絵
SINGER:未定

「Good Foot(title仮)」
Good Footとのコラボ曲
作曲:長良 祐一

「Go My Way」
WEFUNKのマスコットボーイ平野の初めてのオリジナル曲
作曲:沼原 ルイ
作詞:平野 郁弥
SINGER:平野 郁弥

「いまは今だけ」
鶴×鶴とのコラボバラード
作曲:長良 祐一
作詞:藤正 裕太
SINGER:藤正 裕太

==================

すでにこんなに御座います!!!

さてさて、バンドも曲がたまれば次にすることはといえば。。。
続報をお楽しみに!!

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding

いよいよ12/22に発売となる、WEFUNK NEW EP “JUNCTION vol.1”

ところで皆さん、
告知時に発表されたカバーアート(ジャケット写真というやつですね)を見て気になったことありませんでした??
JUNCTION vol.1ジャケット(入稿データ)
今までWEFUNKでは、パッケージなどをリリースするとき、
メインアイコンとして、WEFUNKのロゴを前面に押し出してきたのですが、
今回はなんと、シンガー「藤正 裕太」がドドンと前に出ているんです!
お気づきになられた方、多かったかと思います。
果たしてその真意は・・・
今後こちらのFEATURE記事にてそのあたり、藤正くん本人にも直撃していければと思っております。

今回は、そのジャケット写真のデザインを手がけてくれたデザイナー“hemii”さんについて、ご紹介したいと思います!

hemii
S__24846338
《捉われない放浪的な生活を》をテーマにbohemian styleの世界観をオリジナルブランドで。
カジュアル : マクラメアイテム / アクセサリー / 衣裳 / 雑貨 / イラストデザイン / コーディネートなど 製作・販売
ウエディング : アクセサリー/会場(撮影)装飾/スタイリング/オリジナルドレスwedding各アイテムを制作・提案・レンタル

▼普段の活動について
オーダーメイドの商品を製作販売、委託販売。
都内を中心にマクラメを中心としたワークショップを展開。
ドレス衣装スタイリングコーディネートなども手がけている。
hemiiの活動はInstagramを中心に随時配信。

▼hemiiの想い
《自分らしさ》をもっとそれぞれが自由に拘って表現してもらいたい。
何かに捉われて生きるよりも、自分のために自分を輝かせて生きることを。
1人1人の良さを引き出すお手伝いをhemiiが。

▼『JUNCTION vol.1』のジャケット制作に至ったきっかけは?
「WEFUNK BANDのメンバーであり、今回のJUNCTIONプロジェクトの中心人物であるシンガーの藤正くんに口説き落とされたのがきっかけです(笑)。
突然、頼みたいことがあるってLINEしてきたと思ったら、既読つくやいなやすぐ電話かけてきて。。。(笑)
“hemiiでWEFUNKを、僕を表現してほしい”この一点張りで他のことは何もかもおまかせで、、、、ということでしたので、そんな藤正くんのhemiiへの信頼をなんとか形にしようと思いました。」

▼今回のジャケットのコンセプト、こだわりなどは?
「そもそも藤正くんの名付けた“JUNCTION”の由来が…
***************************************
音楽、ダンス、人、文化、ファッション、流行、オールドスクール。
WEFUNKは、その全て合流する唯一の「交差点」のような場所。
***************************************
というものでした。
“沢山の物事、経験、出来事が行き交う中でのいろんな出会い。それを経て各々が行き着く場所とは何か。”
・・・まさしくJUNCTIONとhemiiの融合を体現することが今回のジャケットの存在意義です。
JUNCTIONとの出会いが自分らしさに気づくきっかけになれば嬉しいです
hemiiであることを表現するために、模様の手書きにかなりこだわりました!
アシスタントも入れず、ただただ一人で想いのままに書きあげました。
これを書いている途中に私の中のJUNCTIONっていつだったかな〜とか考えてました!(笑)」

▼WEFUNKとの出会い
「藤正くんに昨年のWEFUNK HALLOWEENに招待してもらったのがきっかけです。
何故招待してもらったか分かりやすくするためにも、藤正くんとの馴れ初めを話します笑
実はWEFUNKによく出演しているダンサーから藤正くんを紹介してもらいました。
音楽の趣味やアクセサリーについてなどとにかく気が合って、
盛り上がった勢いのまま出会ったその日のうちにオーダーアクセサリーを作ることを約束しました!笑
私がオーダーアクセサリーを作る時には、その人を表現するために為人をめちゃめちゃ探ります。(笑)
そこでWEFUNKのことを話してもらい、彼が歌うWEFUNKを見てみたくなり招待してもらうといった流れになったわけです。
ダンスと生バンドの魅せる舞台を初めて生で体験し、身体や音での自己表現豊かな人がたくさん溢れているなと感じました。
それと同時に、出演者が変わってもほとんど変わらない衣装など見た目での個性が出きっていない人がたくさんいるなと感じたのを覚えています。
勿論、藤正くんもその一人。
彼等がもっと自分らしさを表現できるようになるために、何か力添えがhemiiでできないかと藤正くんとはよく話していました。」

▼藤正との制作秘話
今回のジャケットには本当の藤正裕太を魅せたかったという裏コンセプトもあります。
藤正とはどんな人間か、どんな良さがあるか、何が藤正なのか。そんな部分の追求から始めるために、質問攻めにしました。
出会った頃はどこか自分自身に半信半疑な瞬間だったり、誰かの目を気にかけるような部分を感じていました。
しかし今回JUNCTIONのリリースが決まり、自分の力でどうにか良い作品にしようとする藤正くんの姿を見て、
これまで探していた「自分らしさ」を見つけ自信に溢れる藤正くんを感じ、作品を作る前から興奮がおさまらなかったです。」

▼JUNCTIONおススメの一曲とその理由
-ダレノモノ-
「皆自分の為に生きることを頑張ってる。
けど、誰かのモノでいることを求めてる。
それが自分の為であり、自分のモノの為であることが分かる一曲。
ダレカに愛されることで自分を愛せる、愛されるなら自分自身の本当の部分を知ってほしい。
そんな深い意味を感じれる一曲がアップテンポで奏でられて、前向きに頑張ろうと思える1曲です!」

S__24830102
Instagram account
<hemii> @hemii.accessory_macrame @hemii.wedding