WEFUNK OFFICIAL

WEFUNK OFFICIAL

FEATURE

BACKSIDE-SMITH BLACK

引導 002 「BACKSIDE なにがし」

こんにちは、城田寛治です。 冒頭に長々と無駄なこと書くのは、ダサいのでやめました。 さてさて、リニューアルしたHPはくまなくご覧いただけましたでしょうか? WEFUNK内に於いて、一つの大きな変化が御座いまして、 そのことをHPのリニューアルに伴って反映しているんですが、 お気づきになりました? WEFUNKといえば、生演奏。生ミュージシャンが売りですが。 一つのイベントで要求される楽曲数は優に50曲越え、 マンモス小学校の文集ばりに出来上がる分厚い譜面は、作ることも読んで演奏することも、まあ大変すぎて涙モノ。 イベントあたりのその工数に、開催数を掛け算して、年間に演奏する楽曲数は500を超えてしまう。。。 そんなハードな演奏をこなすスペシャリスト集団。 これまではWEFUNK BANDと呼んでいたのですが、メンバーの確定に伴い、グループ名がつくこととなりました! 名付けて「BACKSIDE SMITH」。 直訳して「裏・職人」、裏稼業というと悪そうな雰囲気なのでちょっと違いますね。 意味合いとしては、「成長拡大していくWEFUNKというプロジェクトを、芯の部分で支える人たち」という意味です。 裏、というのは、中枢ってことですね。 これ実は、2015年春の時点で、ディレクターの加瀬くんがジョインした時に、一度WEFUNK BANDのグループ名として命名しようとしたんです。 意味合いも上記の通りでした。 ただ当時はプロジェクトもメンバーもフワリフンワリとしていて、新たに名前をつけるメリットがありませんでした。 ※ちなみに同時に作った「BACKSIDE SMITH」という楽曲もありましたが、それはただ、春の夜の夢の如し。 加瀬くんと私の間では、”結構かっこいい名前なのに惜しいよな”みたいなことをブツクサ呟いたりしていたんですが、 この度のバンドメンバーの確定に伴い、同名が候補として浮上、採用、命名に至ったので、個人的にとても嬉しかったです。 採用してくれたメンバーに感謝ですね。 ちなみに「BACKSIDE SMITH GRIND」というスケボーの技があるそうで、youtubeなんかで検索すると、その技の様子を収めた動画が大量に出現します。 SEO対策無縁のバンド名となったわけですな。ロックやで。 もひとつちなみに、確かバンドメンバーの中で、スケボー経験者はいません。 悪しからず。 そんな「BACKSIDE SMITH」、 実はまだライブ本番を迎えたことがございません。 『WEFUNK OSAKA vol.1』 8/19 @Zepp Namba こちらがなんと初お披露目ライブとなります。 うひょおおおお、ゼップナンバでデビューかよ。あやかりてええ。 なんか、告知になるのも変な話ですが、バンドメンバー準備万端のようです。 ぜひ見に来ていただきたい。 同イベントから3日後の8/22には川崎CLUB CITTA'で『WE KIDS vol.3』もありますし。 東京の方も大阪の方も、是非「BACKSIDE SMITH」の勇姿を見にいらしてくださいまし。 まあ、メンバー紹介とかその辺のことは、そのうちミュージシャン本人に記事にしてもらうとします。 私からは以上。 またお会いしましょう。

>> more
スクリーンショット 2016-08-10 0.39.38

引導 001「御挨拶」

拝啓 残暑の候とは言葉ばかりか、どう考えても夏真っ盛りな8月中旬に差し掛かりし今日この頃、 皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。 汗拭きタオルはご持参されておりますでしょうか。 水分補給は怠っておりませんでしょうか。 リオオリンピックの応援のしすぎで、夜にかくべきであった寝汗を、昼に冷や汗として流してはいませんでしょうか。 食中毒で救急車を呼び、入院したりなどしていませんでしょうか。 真夏のギラメク日差しに心折れそうなあなた、その不調の原因は気温ではなく、極度なダイエットによる心身の虚弱にあるのかもしれません。 露出度高まるこの季節、絵に描いた餅の切れ目は腹筋シックスパックとなりがちです。 御身体は資本。くれぐれも、カロリー不足にご用心賜りたい次第。 WEFUNK代表、城田寛治です。 ホームページのリニューアルに伴い、FEATURE記事ページが特設されました。 ブログ形式で様々なコンテンツを連載したりしなかったりしていく予定でございます。 そのコンテンツというのは只今、運営メンバーで鋭意検討ブレインストーミング真っ最中なのでございますが、 さしあたり、スタッフや出演者がこちらでブログを掲載していくことから始めましょうということで、 無駄口をライフスタイルの中で展開することを広義のライフワークと見定めていくことを日夜夢見る非生産型操觚者である私の方で、記事を書かせていただくことと相成りました。 出演メンバーはもちろんのこと、WEFUNKディレクターの加瀬やスタッフの住友も記事を書いていく予定です! さて、私の記事、題して「引導」でございますが、 WEFUNKは規模が拡大したり、その中身が進化したりと、代表主観的にも客観的にもその姿形の認識は日々変化を続けており、当然私自身からその点思うところ、皆様に伝えてみたいところは多くございますので、 最近のWEFUNKの現状なのか、これからのWEFUNKの未来なのか、これまでのWEFUNKの歴史なのか、 私の口から申し上げられる一つ一つをこちらで記事にしていければなと思っております。 おおよそ独り言のような内容に成り果てる恐れは大いにございますが、 此処は一つ、WEFUNKという曖昧で味わい深いプロジェクトに興味関心を抱いていただき、 さらにその上で、地獄の沙汰も読み辛さ次第、小生の駄文を速読していただければと、思う次第でございます。 また、WEFUNKについて私が思うことばかりを書き連ねてしまうと、思想全開フルスロットルとなり、 見た目としては、ある種の扇動的なイデオローグにFEATUREするコーナーという本末転倒かつ不気味すぎるブログとなってしまいかねません。 もっと言えば、ここまで書いてみて、すでに自分自身がこの語調に対して一定の嫌悪感を感じ始めてしまっているのもまた事実でございます。 ということで、他のことも書きます。 それは、それこそブログらしい内容なのかもしれません。 WEFUNKは「DANCE X MUSIC」ですから、 少なくとも、ダンスの公演など見に行かせていただいた時はレポートなどできればと思います。 アーティストのライブを拝見させていただけた時も同様かと思います。 同時にWEFUNKには、DANCEとMUSICの垣根、限界を超越すべしとの命題も課されております故、 エンタテインメントに紐づくであろうことは、私的な観点にはなってしまいますが、書き留めていければと思っております。 長々と、ほとんど意味のないことを書いてしまった気もしますが、 とりあえず「引導 001」はこの辺でストップしておきましょう。 なお、引導という表現が宗教的観点、はたまたモラル的観点などにより不適切であるという場合はご意見お寄せください。 すぐに直します。響きだけです。 今後ともよろしくお願い致します。 御精読ありがとうございました。

>> more
6W5A3046

WEFUNK公式ブログオープン

WEFUNKのイベントに出演する注目ダンサー、振付師、バンドメンバーなど、新感覚ライブエンターメントを支えるエンターテイナーたちをフィーチャーした記事をどんどんアップしていきます。お楽しみに!

>> more