WEFUNK OFFICIAL

WEFUNK OFFICIAL

FEATURE

leapinleapout_201711_fix_cs5-05

LEAP IN LEAP OUT

ストリートダンスと生演奏のコラボレーションを繰り広げてきたWEFUNKが企画する新しいダンスコンテスト! 順位の入賞に加え、2018年3月21日にZepp Tokyoで開催されるWEFUNKにゲスト出演し、 コンテスト作品を生演奏で踊ることができるという「WEFUNK特別賞」も用意しています! 【日程】 2018年01月27日(土) 【時間】 11時30分〜18時00分(予定) 【会場】 渋谷ファーストタワー 10F Victor Entertainment 大会議室 (東京都渋谷区東1-2-20) エントリーについて 下記エントリーフォームより必要事項を入力の上、エントリーしてください。 https://docs.google.com/forms/d/1i_ug0oZiSHVkgaovfAH4O3FKbJYkDtrpFlxoeGEgI7w/edit 【エントリー費】 ¥3,000 / 1人 【観覧費】 ¥2,000 / 1人 【JUDGE】 HASE(Repoll:FX) しづにゃん yu-ki.☆(ファンファーレ) 【参加条件】 ・年齢、ダンスジャンル不問 ・2人以上のチーム 【作品時間】 3分以内 *時間を超えた場合失格とさせて頂く可能性もあります。 【ダンスエリア】 ・幅 720cm ・奥行 360cm(*1/17変更) 【優勝賞金】 ・3万円 【入賞ボード】 ・入賞者には入賞ボードが送られます 【WEFUNK特別賞】 ・2018年3月21日にZepp Tokyoで開催されるWEFUNK WORLD FESTIVAL vol.3へのゲスト出演権。コンテスト作品をミュージシャンによる生演奏で踊る事ができます。 *WEFUNK WORLD FESTIVAL Zepp Tokyoで開催される、WEFUNK最大規模のライブイベント。 東京、大阪、名古屋、埼玉、神奈川と各地で開催されてきたWEFUNKにて、より活躍したダンサーが集結し、全編生演奏で舞い踊る、ダンスと音楽の祭典。 前回のWEFUNK WORLD FESTIVALの模様をチェック⏬⏬⏬ ▶主催 LEAP IN LEAP OUT 実行委員会 ▶運営 WEFUNK / 虹伝 ▶協力 Victor Entertainment SPEEDSTAR RECORDS

>> more
スクリーンショット 2017-10-07 15.54.50

『DANCE × MUSIC × お笑い 」

現在WEFUNKは、10/22WEFUNK HALLOWEENの制作大詰め中。 今回のイベントは、なんと芸人さんとコラボレーションします! 出演してくださるのは、現在各メディアに引っ張りだこの人気芸人、 「鬼越トマホーク」と「デニス」の御二組です! ダンサーは2チームに分かれて対決。 それら全てをWEFUNK BANDによる生演奏でお送りします。 果たして彼らは一体、 WEFUNKにどのように絡んでくれるのか 鬼越トマホークのケンカネタは見られるのか ブラジルという言葉は何度登場するのか 彼らの漫才は見られるのか 乞うご期待!!

>> more
10623-wefunk1

ついにフィットネス業界へ!

ダンスイベント『WEFUNK』が、フィットネス業界・ダンス業界において初の試みとなるコラボレーションイベント『WEFUNK FITNESS』を9月16日に川崎のCLUB CITTA’にて開催する。  『WEFUNK』は、<ビクターエンタテインメント・スピードスター>が主催する、生演奏でダンスするというコンセプトを持ったダンスイベント。今回の『WEFUNK FITNESS』には、各フィットネスクラブの会員をはじめとした一般の方を対象に、生演奏の中でダンスを披露する舞台を提供。ダンス初心者はもちろん、ストリートダンス、JAZZ以外にも、エアロビクス、ラテンなどのフィットネスプログラムでのチーム出演も受け付けている。 ■イベント情報 Victor Entertainment SPEEDSTAR RECORDS presents 『WEFUNK FITNESS』 2017年9月16 日(土)@CLUB CITTA’ <出展インストラクター、出演者募集> 初心者歓迎・ストリートダンス、JAZZ以外にも、エアロビクス、ラテンなどのフィットネスプログラムでのチーム出演歓迎) エントリーフォームより7月15日(応募締め切り)までにご応募ください。 その他お問い合わせはこちらから。

>> more
WEFUNK 東名阪 Zepp Tour 2018

WEFUNK Zepp Tour 2018 〜東名阪〜 開催決定

WEFUNKがついにZepp Tourを敢行します! 2018年1月14日(日) @Zepp Namba 2018年2月10日(土) @Zepp Nagoya 2018年3月21日(水・祝) @Zepp Tokyo 詳細は後日発表!!! 2018年も、WEFUNKが止まらない!!

>> more
17553724_1926891744214221_8542586594212111190_n

WEFUNK WORLD FESTIVAL vol. 2 -OLD'S COOL-

年に1度の祭典!WEFUNK WORLD FESTIVAL!! WEFUNKの年に一度の祭典。WEFUNK WORLD FESTIVAL vol.2 -OLD'S COOL-が3月26日(日)にZepp Tokyoにて開催された。『OLD'S COOL』というテーマのもと、1年を通して活躍した選ばれしダンスナンバーが一夜に集結し、洋邦様々な往年の名曲で数々のショーを披露した。 -幕が開いた瞬間に1年間の色んな想いが駆け巡った- vo. 藤正裕太 学生時代から名を馳せたコレオグラファー(振付師)や全くの無名の状態から実績と力を少しずつ積み上げ話題となったコレオグラファーの元に、何人もの仲間が集い一夜限りのショーを創り上げる。気づけば、1年間のWEFUNK関連のイベントへの総出演者は実に2000人を越えていた。WEFUNKを支える「踊りたい」という純粋な情熱へのWEFUNKなりの感謝の形がWORLD FESTIVALであるのだ。 ダンサー、バンド、スタッフ、観客。その全てのモノの感謝と情熱がZepp Tokyoを煌びやかで感動的な空間へと変えていった。 様々なジャンルのダンスとグルービーな生演奏が起こす化学反応 多種多様の音楽とダンスがあり、観るもの聴くものを飽きさせないWEFUNK。同じジャンルのダンスでも、それぞれのコレオグラファーの感性で全く違う作品と姿を変え観客を魅了する。 プロのダンサーのみならず、普段スーツを身にまとい社会の中で奮闘するダンサーもいれば、毎日ランドセルを背負って学校に行くダンサーまで。それぞれのバックグラウンドがあるからこそ生まれる予想だにしないクリエティブが、WEFUNKというイベントをアーティスティックなものとする1つの所以のなっていることを強く感じさせた。 その未知のパワーを調和させる役割を果たすのが、 WEFUNKバンド『BACKSIDE SMITH』。 昨年の初夏に結成された彼らは、この1年間で数々のダンサーと共演した。 聞こえる音、感じるリズム、表現したい想い。 ダンサー、ミュージシャンにとって似てるようで似てなかったり、近いようで遠いものであったり。その微々たる違いが生む少しの隙間に幾度となくぶつかってきた。 だからこそ、1年の集大成で最高のステージを魅せたのかもしれない。 その天才的な感性と構成力で観るものを別世界へと引き込む「新藤静香ナンバー」。日本の往年の名曲で彼女たちらしいショーを魅せた。 *振動により映像が揺れています。 ダンスを始めたばかりの子から大人顔負けのスキルを持つ子まで。今回最多出演者を記録した「虹伝ゆーさくナンバー」。一生懸命さとステージから滲み出る努力の時間に心を打たれた。 まだ学祭のイベントだった初期WEFUNKの頃から長く支え続けてくれた「All The King's Lockers」。思い出の楽曲と振り付けでWEFUNKのOLD'S COOLを魅せた。 世界を渡り踊る「Hilty&Bosch」と生演奏のコラボは何度見ても興奮する。 性別・年齢・経験。その全てが意味をなさない唯一無二のエンターテイメント 音楽を奏でる。 歌を歌う。 ダンスを踊る。 それらは一見限られた者にしかできないことのように聞こえてしまう。 WEFUNKはそうでないのだ。 「WEFUNKは超参加型エンターテインメントです。」 当イベントの代表である城田寛治が務めた前説で伝えた イベントの真髄を感じる言葉。 エンタテインメントは参加してなんぼのコンテンツ。 その一つである音楽やダンスを融合させるWEFUNKは、観る者と演じる者が垣根なく近づけるものであり続けさせたい、という強い想いと並々ならぬ覚悟を感じさせる言葉であった。 WEFUNKの次回公演、 5月3日(祝)、川崎CLUB CITTA'にて開催されるJ-POPの祭典 WEEKEND HERO -J-POP Special- vol.2でも 彼らのエンタテインメントの行く末に注目したい。 Photo by HAMASHOW (https://www.facebook.com/HAMA.WORKS/)

>> more