WEFUNK OFFICIAL

WEFUNK OFFICIAL

FEATURE

10623-wefunk1

ついにフィットネス業界へ「WEFUNK FITNESS」出演者募集中!

ダンスイベント『WEFUNK』が、フィットネス業界・ダンス業界において初の試みとなるコラボレーションイベント『WEFUNK FITNESS』を9月16日に川崎のCLUB CITTA’にて開催する。  『WEFUNK』は、<ビクターエンタテインメント・スピードスター>が主催する、生演奏でダンスするというコンセプトを持ったダンスイベント。今回の『WEFUNK FITNESS』には、各フィットネスクラブの会員をはじめとした一般の方を対象に、生演奏の中でダンスを披露する舞台を提供。ダンス初心者はもちろん、ストリートダンス、JAZZ以外にも、エアロビクス、ラテンなどのフィットネスプログラムでのチーム出演も受け付けている。 ■イベント情報 Victor Entertainment SPEEDSTAR RECORDS presents 『WEFUNK FITNESS』 2017年9月16 日(土)@CLUB CITTA’ <出展インストラクター、出演者募集> 初心者歓迎・ストリートダンス、JAZZ以外にも、エアロビクス、ラテンなどのフィットネスプログラムでのチーム出演歓迎) エントリーフォームより7月15日(応募締め切り)までにご応募ください。 その他お問い合わせはこちらから。

>> more
WEFUNK 東名阪 Zepp Tour 2018

WEFUNK Zepp Tour 2018 〜東名阪〜 開催決定

WEFUNKがついにZepp Tourを敢行します! 2018年1月14日(日) @Zepp Namba 2018年2月10日(土) @Zepp Nagoya 2018年3月21日(水・祝) @Zepp Tokyo 詳細は後日発表!!! 2018年も、WEFUNKが止まらない!!

>> more
17553724_1926891744214221_8542586594212111190_n

WEFUNK WORLD FESTIVAL vol. 2 -OLD'S COOL-

年に1度の祭典!WEFUNK WORLD FESTIVAL!! WEFUNKの年に一度の祭典。WEFUNK WORLD FESTIVAL vol.2 -OLD'S COOL-が3月26日(日)にZepp Tokyoにて開催された。『OLD'S COOL』というテーマのもと、1年を通して活躍した選ばれしダンスナンバーが一夜に集結し、洋邦様々な往年の名曲で数々のショーを披露した。 -幕が開いた瞬間に1年間の色んな想いが駆け巡った- vo. 藤正裕太 学生時代から名を馳せたコレオグラファー(振付師)や全くの無名の状態から実績と力を少しずつ積み上げ話題となったコレオグラファーの元に、何人もの仲間が集い一夜限りのショーを創り上げる。気づけば、1年間のWEFUNK関連のイベントへの総出演者は実に2000人を越えていた。WEFUNKを支える「踊りたい」という純粋な情熱へのWEFUNKなりの感謝の形がWORLD FESTIVALであるのだ。 ダンサー、バンド、スタッフ、観客。その全てのモノの感謝と情熱がZepp Tokyoを煌びやかで感動的な空間へと変えていった。 様々なジャンルのダンスとグルービーな生演奏が起こす化学反応 多種多様の音楽とダンスがあり、観るもの聴くものを飽きさせないWEFUNK。同じジャンルのダンスでも、それぞれのコレオグラファーの感性で全く違う作品と姿を変え観客を魅了する。 プロのダンサーのみならず、普段スーツを身にまとい社会の中で奮闘するダンサーもいれば、毎日ランドセルを背負って学校に行くダンサーまで。それぞれのバックグラウンドがあるからこそ生まれる予想だにしないクリエティブが、WEFUNKというイベントをアーティスティックなものとする1つの所以のなっていることを強く感じさせた。 その未知のパワーを調和させる役割を果たすのが、 WEFUNKバンド『BACKSIDE SMITH』。 昨年の初夏に結成された彼らは、この1年間で数々のダンサーと共演した。 聞こえる音、感じるリズム、表現したい想い。 ダンサー、ミュージシャンにとって似てるようで似てなかったり、近いようで遠いものであったり。その微々たる違いが生む少しの隙間に幾度となくぶつかってきた。 だからこそ、1年の集大成で最高のステージを魅せたのかもしれない。 その天才的な感性と構成力で観るものを別世界へと引き込む「新藤静香ナンバー」。日本の往年の名曲で彼女たちらしいショーを魅せた。 *振動により映像が揺れています。 ダンスを始めたばかりの子から大人顔負けのスキルを持つ子まで。今回最多出演者を記録した「虹伝ゆーさくナンバー」。一生懸命さとステージから滲み出る努力の時間に心を打たれた。 まだ学祭のイベントだった初期WEFUNKの頃から長く支え続けてくれた「All The King's Lockers」。思い出の楽曲と振り付けでWEFUNKのOLD'S COOLを魅せた。 世界を渡り踊る「Hilty&Bosch」と生演奏のコラボは何度見ても興奮する。 性別・年齢・経験。その全てが意味をなさない唯一無二のエンターテイメント 音楽を奏でる。 歌を歌う。 ダンスを踊る。 それらは一見限られた者にしかできないことのように聞こえてしまう。 WEFUNKはそうでないのだ。 「WEFUNKは超参加型エンターテインメントです。」 当イベントの代表である城田寛治が務めた前説で伝えた イベントの真髄を感じる言葉。 エンタテインメントは参加してなんぼのコンテンツ。 その一つである音楽やダンスを融合させるWEFUNKは、観る者と演じる者が垣根なく近づけるものであり続けさせたい、という強い想いと並々ならぬ覚悟を感じさせる言葉であった。 WEFUNKの次回公演、 5月3日(祝)、川崎CLUB CITTA'にて開催されるJ-POPの祭典 WEEKEND HERO -J-POP Special- vol.2でも 彼らのエンタテインメントの行く末に注目したい。 Photo by HAMASHOW (https://www.facebook.com/HAMA.WORKS/)

>> more
白

WWF目前!これさえ読めばOK!

今年のお祭りはOLD'S COOL!! DANCE × MUSIC=WEFUNKがお送りする年に一度の祭典『WEFUNK WORLD FESTIVAL』(以下WWF)がきたる2017年3月26日、ZEPP TOKYOにて開催されます👀🎤✨ 今年のWWFは一味違うんです!! 近年のEDMブームの中でダンスや音楽を取り巻く環境が変化していく中でも 年月が経ち根強く浸透し、今も変わらず愛され続けるOLD SCHOOL MUSIC。 その「OLD SCHOOL」を「OLD's COOL」とかけ、洋邦問わず往年の名曲でお届けする 一夜限りのスペシャルショー🕺🎤💃🏻 そこで今回、当日のショーをより楽しむためのポイントを3つお伝えします!! ポイント①:OLD SCHOOLを知ろう!! 「そもそもOLD SCHOOLってなんなんだ?」 こんなイメージが湧いてしまいますよね?OLD SCHOOLとは、書いて字のごとく古いモノ。しかし、ただの古いモノではないんです!!太平洋の先、アメリカという音楽大国で生まれたスラングで「古いけど魅力的」ということを意味します。例えば、OLD SCHOOLのHIP-HOPというと「生まれた時から色褪せない、最高のHIP-HOP」といった感じでしょう。つまり言うなれば『色褪せない最高のモノ』ということです!!ファッション業界でいうと、古着の中でも希少価値の高い「ビンテージ」と似たような意味になりますね!今年のWWFではそんなOLD SCHOOLだけのCOOLなスペシャルショー✨✨あの頃の名曲でお父さんお母さんも昔を思い出しながら楽しめるし、OLD SCHOOLを初めて聴く人たちにとっては新たな音楽とショーに出会える。まさに老若男女が楽しめるイベントです😍 ポイント②:WEFUNKオールスターが一同に会する!! そもそもなぜ「WEFUNK WORLD FESTIVAL」なのか!?開催されるまでの1年間で、WEFUNKという空間(=WORLD)に出演した全てのコレオグラファー(振付師)の中から、選ばれた存在だけが出演することができる1年に1度の特別なお祭り(=FESTIVAL)がWWFなんです👀👀 そのコレオグラファーのもとに集まったWWFに出演するダンサーたちは、年齢問わず皆それぞれに魅力を持った人ばかり。まさにオールスターの祭典ですね😎✨ ポイント③:WEFUNKと一夜限りのコラボを実現!スペシャルゲストダンサー!! そのオールスターに加えてWWFをさらに心弾むイベントにするのは 満を辞して登場するスペシャルゲストダンサー⭐️ 今年のWWFにはなんと。。。 その活動を世界中に広げる『Hilty&Bosch』が登場👀 最近では日本を代表するエンターテイナー三浦大知さんとMVでコラボレーションしたことで大きな話題となりました✨✨ Hilty&Boschとは 世界のストリートダンスシーンを牽引する、日本が世界に誇るダンスユニット。2004年、Japan Dance Delightにて"最年少・最少人数"での優勝を果たした彼らは、その後海外での実績を数々残し、これまでにBattle Of The Year、RedBull BC Oneでのゲストショーを初め、30ヶ国以上での活動実績を誇る。 今後、活動の拠点を再び海外へと移す彼らのプレミアムLIVEは必見です😎 そしてもう一組!若手の注目株『9stepper'z!!』👀 9stepper'z!!とは 関東を中心に活動するロッカーが集結。 各々の個性を生かしつつ、ダイナミックに展開する構成が武器。 日本最大級のストリートダンスコンテストJapan Dance Delightでは、vol.22,23と2年連続で特別賞を受賞。今要注目の8人組ロックダンスチームである。 昨年4月に行われたWE COLLECTIONにもゲスト出演してくれた9stepper'z!!✨ 今回はどんな作品を引っさげてきてくれるのでしょう。要チェックです😎 忘れちゃいけない、職人バンド『BACKSIDE SMITH』 WEFUNKの音楽を支える職人バンド『BACKSIDE SMITH』がWWFにも登場!!オールスターダンサー達とのコラボレーションは必見👀 さらに今回、Gt.の浅見卓矢とVo.藤正裕太がタッグを組んでWWFのために書き下ろした新曲を初公開✌️💡 WEFUNKの新たなキラーチューンとなること間違いなしのキャッチーソングだそう😊 こちらにも要注目👌 3月26日はZepp Tokyoに集合😎 「直前特集!WWFはこれさえ読めばOK!」はいかがでしたでしょうか。 WEFUNKの一番の楽しさはその場でLIVEを感じられること✨ 今回ご紹介したポイントとWEFUNKバンド『BACKSIDE SMITH』をおさえて 当日は思う存分OLD'S COOLを楽しんでくださいね✌️ ============================== WEFUNK WORLD FESTIVAL vol.2 -OLD'S COOL-の詳細はこちら⬇️ http://wefunk.jp/wefunk-world-festival-vol-2/ チケットお求めはこちら⬇️ http://ticket.rakuten.co.jp/features/wefunk/index.html 「Step Forward」 / BACKSIDE SMITH (FROM WEFUNK) 11月6日(日)リリース 各種サイトにて好評配信中! <iTunes Store> https://itunes.apple.com/jp/album/id1166789635?app=itunes&ls=1 <レコチョク> http://recochoku.jp/song/S1003826331/ <mora> http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17800/

>> more
audition_logo(low)

2次審査進出者発表!!

WHO'S THE STAR?! 2次審査通過者発表を遂に発表!! 2月10日に募集開始したWHO’S THE STAR?! 〜WEFUNK AUDITION〜 情報解禁後、各メディアに取り上げられ応募が殺到した当オーディション。 応募終了後の3月某日、2次審査進出者の選考会議がスピードスターレコーズ, DANSTREET, KORG, そしてWEFUNKスタッフが一同に会して行われた。 厳選なる審査の元、選ばれた14名を発表します✨✨ スポットライトへの次なる道へ進んだのは............!? (左上から写真順) 梅田 淳平・清水周平 ・宮東里奈・石川久絵・刈田優剛 平野郁弥 ・安井秀貴 ・小川昌美・若宮大起 ・川島貴大 (左上から時計回り順) 鈴木亜悠・大久保安紀佳・早川葵・田村ひなた 以上の14名が1次審査を通過し、2次審査に進出です🎉 プロフィールを含め、選ばれた14名の詳しい情報は DANSTREETの特集ページでフューチャー😎 詳しくは、DANSTREETをチェック👀 そして気になる2次審査の課題曲は!? シンガー部門には課題曲があるそう。 その課題曲となるのはなんと👀 BACKSIDE SMITHデビューシングル『Step Forword』に決定👏👏 このグルービーなダンスナンバーで自分の魅力を最大限に発揮できるのは誰だ!? 候補者の模様はDANSTREET、YouTubeで随時公開! まずは360度カメラで撮影されたオリジナルメンバーによるMVをチェック! BACKSIDE SMITHの正式メンバーとして 8月のZepp Nambaの切符を手にするのは果たして.......!? 今後も目が離せません!! ======================= 「Step Forward」 / BACKSIDE SMITH (FROM WEFUNK) 11月6日(日)リリース 各種サイトにて好評配信中! <iTunes Store> https://itunes.apple.com/jp/album/id1166789635?app=itunes&ls=1 <レコチョク> http://recochoku.jp/song/S1003826331/ <mora> http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17800/

>> more